>  > 割り切れる。それが魅力です

割り切れる。それが魅力です

割り切ったサービス。それが風俗の良い所だと思うんですよ。余計なことを考えることなく、その場で女の子との時間を楽しむ。ただこれだけでいいんです。他にあれこれ考える必要がないんです。その点は風俗だからこその魅力なんじゃないかなと思うんですよ。むしろそういった気楽さがあるので風俗はよく利用しています。お気に入りの女の子も作らないようにしているんです。何度も指名していると、仮に指名しなかった時に相手がショックを受けちゃうかもしれませんし、いつも利用しているからってことが判断材料になってしまって本当は違う子を指名したいのになんだか違う気分になってしまう可能性だってあるじゃないですか。それだけは避けたいんですよね。誰に強制されるでもなく、自分の遊びたい時に遊びたい女の子と楽しむ。それが出来るからこそ自分は風俗が大好きなんです。もしもですけど、これが出来ないようでは結局の所意味がないんじゃないかなって思います。

ヤル気がない子はいらない

とんでもない要求をかましてくれる風俗の女の子が今回の自分の相手をしてきました。今回は特に意識をしていませんでしたがら、とにかく最悪な展開にならないで良かったと思います。というのが、このデリヘル嬢が基本的に接客をまったくしないでサボりたいオーラを満々に出していたんです。どんなに楽しい思いを味わったとしても抜いてもらえなければ風俗は失敗ですし、ましてやその抜きすらをしようとしないデリヘル嬢は存在価値がないと思います。それくらいヤル気がなかったので、本人からだるいから抜かなくても良い?なんて聞かれたんですよ。とにかく自分の中では衝撃的すぎました。あらゆる刺激を自分の中で想像していただけにここまでやる気を削がれてしまうっていうことを予想していなかったんですよね。とにかく最悪なのが一回もいけないということですので、自分はそれが無いようにしっかりと対応を行なってきました。ヤル気がない女の子は存在しなくて良いと思います。

[ 2016-12-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談